ニキビは青春のシンボルではない

ニキビは青春のシンボルではない

思春期のニキビ

現在、日本では290万人がニキビに悩んでいると言われています。また、男女を問わず、日本人の80%以上がニキビを深刻に悩んだ経験があるとも言われます。
ニキビは、皮脂腺の活動が最も盛んな思春期にできやすいので、かつては「20歳過ぎたら吹き出物」などと言われていました。10代の男女の80%以上に現れるため、確かにニキビは「青春のシンボル」といえるでしょう。
とはいえ、若い頃にニキビができるのは仕方がないことと放置していてはいけません。
ニキビは皮膚の病気の一種だからです。
また、30代、40代の人でもニキビはできます。実際、アダルトニキビに悩む多くの方も多くもはや「青春のシンボル」ではなく、どの年代の方も発症する危険性のある皮膚病となっているのが現状です。
ニキビは、医学的には尋常性挫創ができる条件が揃えば年齢に関係なく発症しますから、実は「20歳過ぎたら吹き出物」というわけではなく、10代でも40代でもニキビはできます。

なんで出来物はできるの?

皮膚の毛穴に皮脂などが詰まってしまうことがそもそもの原因で、その周囲が赤く腫れたり、細菌感染して膿んでくることもあり、痛みを伴うことも少なくありません。
顔、胸、背中などニキビのできやすい場所というのがあって、特に顔は目立ちますから悩みの種になりがちです。
ニキビを気にして触ったりすると、皮膚の表面に存在している常在菌に感染して、皮膚が炎症を起こしてしまい、ニキビによる炎症が治っても、ニキビ跡が残ることになってしまいます。
出来てしまったニキビ跡は、自然に綺麗に治ることはありません。思春期は特に多くのニキビが出来やすいので、きちんと直さないと、たくさんのニキビ跡がボコボコと残ってしまうことにもなりかねないのです。
さらに、そうした ニキビ跡に色素沈着が起こって、シミが出来てしまうケースも珍しくありません。
ほとんどの人がニキビの悩みを経験しますが、だからといって軽視していいものではなく、ニキビとは適切な対処が必要な皮膚の病気なのだということをしっかり覚えておいて欲しいと思います。「たかがニキビ、されどニキビ」です。

関連記事

鼻の下のニキビ跡を治す方法