鼻の下のニキビの種類と症状

鼻の下のニキビの種類と症状

鼻の下のニキビの種類と症状

鼻の下のニキビにも種類があり、またその症状も軽いものから重いものまであります。自分の悩みを冷静にとらえる意味でも、鼻の下のニキビについて正しい知識に触れることにしましょう。
まずは、鼻の下のニキビがでkり場所ですが、これはみなさんもご存知のように毛穴の中です。
脂性肌(オイリースキン)の方は、男性ホルモンの増加や体質によって皮脂腺の働きが非常に盛んで、分泌される皮脂が多くなっています。
この皮脂が毛穴から綺麗に排出されれば問題ないのですが、線がンが十分でなく、余分な皮脂がしっかり取り除かれなかったり、化粧をすることで、皮脂やアカなどで、「毛穴が詰まる」状態になってしまうとニキビが出来やすくなります。毛穴が詰まることを、毛穴が角化している症状とも言います。
この皮脂やアカなどで毛穴が詰まった種類は、専門用語でコメドと呼ばれる症状にあたります。
一般的には黒ニキビや白ニキビと呼ばれる症状です。
毛穴が開いて詰まった皮脂やアカが黒く見えるのが黒ニキビで、毛穴が閉じて盛り上がって白く見えるのが白ニキビと種類が分かれます。

黒ニキビと白ニキビ

黒ニキビと白ニキビ

黒ニキビや白ニキビを放置していると、詰まった皮脂やアカにアクネ桿菌が増殖して炎症を起こしてしまいます。これが破格晴れたような赤ニキビの症状です。
これを放置していると炎症がひどくなって、周囲の組織にまで炎症が広がることもあります。
また、赤みが気にあって鼻の下のできものを潰すと、組織が傷ついてしまいます 炎症や潰した跡が、ケロイド(やけどあとのような状態)やクレーター(夏みかんの革のようなくぼみ)になってしまうと、治りにくい種類になってしまいます。
従って、一口にニキビケアといっても、ニキビが出来始めている種類と黒・白ニキビの種類、赤ニキビの種類、そして赤いできもの跡の種類、すでにケロイドやクレーターになった種類、それぞれに合った症状にケアが必要になってきます。
しかも、現在鼻の下のニキビで悩んでいるという方は、この各種類が同時に進行しているような症状が多いので、総合的なケアが欠かせないのです。

関連記事

鼻の下のニキビ跡を治す方法