洗顔での間違ったニキビケア

洗顔での間違ったニキビケア

洗顔方法

あなたは間違った洗顔方法でニキビケアを行っていませんか?
ニキビは毛穴に皮脂やアカなどが詰まってしまうことからできています。ですから、洗顔で皮脂やアカなどをきれいに洗い流し、常に皮膚の清潔を保つことが、ニキビの予防改善には全体に欠かせません。
「1に洗顔、2に洗顔」をいわれるほど大切なポイントで、みなさんはもちろん実践していることでしょう。最近は洗顔料もスキンケア用品も様々なタイプのものが選べるようになっていますから、自分にあったものを使って肌トラブルの予防や美肌に努めているはずです。
それでも、鼻の下のニキビが出来ていしまうとしたら、もしかしたら洗顔の方法が正しくないのかもしれません。
例えば、朝起きたとき、冷たい水道水でピシャピシャと顔の表面を撫でるだけといった洗顔をしていませんか。
ノーメークときも濃いメイクをした時も同じような洗い方をしていませんか?
あるいは、洗顔ブラシやナイロンタオルでゴシゴシと肌をこすっているのではないでしょうか?
遅い時間に帰宅して、面倒くさいから顔を洗わずに寝てしまうことがよくあるという人もいるかもしれません。
このような方法では、どんなに高価な化粧品を使ったとしても意味がありません。キレイになるどころか、鼻の下のニキビは次々と出来るでしょうし、でこぼこした鼻の下のニキビ跡をいくつも作ってしまいかねません。
では、正しい洗顔方法とはどんなものでしょうか?ポイントをいくつかまとめていきます。

正しい洗顔方法

1、ぬるめのお湯を使う
2、メイクや汚れなどをしっかりと落とす
3、余分な皮脂を取り除く
4、シャワーを利用するなど、綺麗な水で洗顔料を洗い流す
5、ゴシゴシこするなど、強い刺激を加えない
6、清潔なタオルを使用する

あまりに当たり前のことですが、こうしたことがなかなか実践できていないようです。

実践方法

まずは、「1、ぬるめのお湯を使う」ですが、ぬるま湯によって皮膚が温められて、毛穴が開いてくるため、毛穴の中にある余分な皮脂が出て行きやすくなります。古くなった角質も柔らかくなって、はがれやすくなります。冷たい水を使うと、毛穴が収縮しますから、余分な皮脂が毛穴の中に詰まったままになりがちです。ですから、体温より少し低いかなと思うぐらいのぬるま湯で洗顔するのが良い方法です。
毛穴が開いていると、洗顔後に使用する化粧品の有効成分が皮膚に浸透しやすくなるというメリットも出てきますよ。

関連記事

鼻の下のニキビ跡を治す方法