ニキビを悪化させる細菌

ニキビを悪化させる細菌

アクネ桿菌

ニキビを悪化させてしまう細菌があります。
皮脂やアカが毛穴に詰まってできた黒ニキビや白ニキビにアクネ桿菌が増殖すると、炎症が起きて、赤く腫れてしまいます。これが赤ニキビです。つまり、黒ニキビや白ニキビを悪化させるのがアクネ桿菌というわけです。
アクネ桿菌は、誰の皮膚にも存在する常在菌で、嫌気性と好脂性を特徴とします。つまり、空気が少なく脂肪の多い場所を好むという性質があるのです。ですから、毛穴が詰まって空気の流入が大幅に減少し、しかもそこに皮脂などが溜まっている場所は、アクネ桿菌が増殖するのに非常に好都合な場所なのです。

ニキビの好発部位

実際に、体の中でも皮脂の分泌量が多い場所(顔・胸・背中など)は、アクネ桿菌の細菌数も多く、ニキビの好発部位でもあることがわかっています。
毛穴に皮脂やアカが詰まったコメドの状態では、皮膚を清潔に保つことで黒ニキビや白ニキビが治る可能性もあるのですが、同時にコメドはアクネ桿菌の絶好の繁殖場所でもあるので、とりわけ皮脂の分泌が盛んな思春期はどうしても赤ニキビへと進行してしまいやすいのです。赤ニキビは専門的には丘疹といいます。

赤く腫れる原因

アクネ桿菌が増殖し始めると、その部分は炎症を起こして赤く腫れます。細菌が作り出す酵素によって、毛穴に詰まった皮脂やアカが酸化されて炎症が広がり、やがて膿を持つようになります。これを嚢胞といい、指で触れると少し熱っぽく感じられることもありますす。
アクネ桿菌はポルフィリンというオレンジ色の蛍光性の代謝物を分泌しているので、この段階で専門クリニックで肌を検査してみると、感染しているかどうかがすぐわかります。
もし痛みを覚えるようでしたら、皮膚の深い部分に炎症が起きている可能性があります。これを膿腫といい、皮膚の表面の部分にできる膿疱よりも治りが遅いのが普通です。
また、細菌の他に、皮膚のブドウ球菌という最近もニキビの発症と進行に関与しています。

関連記事

鼻の下のニキビ跡を治す方法