薬での間違ったニキビの治し方

間違ったニキビの治し方:薬選び

アクネ桿菌

みなさんはニキビの治し方をきちんと把握していますか?特に薬選びです!実はこの薬選びが間違っているケースが多くあります。今回は、どのような薬がダメなのかご紹介していきます。 デパート薬品売り場やドラッグストアでは、ニキビ治療薬を買い求めることができます。医師の処方を必要としない一般用医薬品(OTC製剤)といいます。このような治療薬で効果が得られる場合もありますが、たかにはかぶれや炎症を引き起こしてしまう場合もありますから、注意が必要です。
例えば、ニキビの外用薬には、角質剥離剤という、表皮の角質を取り除いて、毛穴のつまりを改善するタイプのものがあります。硫黄が含まれており、専門的には硫黄カンフルローションと呼ばれ、コメドが主体をなる初期のニキビに有効であるとして、ドラッグストアなどで簡単に入手できるようになっています。
しかし、このような薬は皮膚を乾燥させてしまい、強い刺激を与える場合も少なくありません。そのため、欧米では硫黄カンフルローションはニキビの治療薬として認められていませんし、むしろ悪化させてしまうものと考えられています。
さらに、コメドが形成されると、アクネ桿菌などが増殖して炎症を起こしやすくなりますから、この段階では炎症を抑える抗炎症剤を使用するのが一般的です。抗炎症作用に効果のあるイソプロフェンピコノールという成分が主体となる治療薬ですが、実際のところ、あまり有効であるといえません。
さらに次の段階では、アクネ桿菌などの増殖を防いで炎症の進行を食い止めるため、抗菌作用に優れた治療薬を使うのが普通です。

ニキビの程度によって治療薬は使い分ける!

ニキビの進行状態に合わせて、治療薬を使い分けるのですが、一般的に使用されている薬を使った薬物治療ではなかなか治らないというのが、ニキビに悩む患者さんたちの実感なのです。
治りにくいばかりか、硫黄カンフルローションのようにニキビを悪化させてしまうこともあるわけです。
市販の薬を使って自己流で治すという方法は、実は大きな危険が潜んでいることがあります。
一人ひとりの症状をしっかり見極め確実な治療効果が得られる方法をえらぶことは非常に重要です。
しかも、安全でなければなりません。そうした治療が可能になるのは、専門のクリニックなどです。
しかし、そのような専門のクリニックに通うとなると大変です。
今回のニキビケアランキングではそのような方たちのために、安全で、より効果を実感できたものをご紹介しています。
是非一度お試し下さい!市販の薬局などで購入する時はきちんとした知識のもと購入を検討してください。

関連記事

鼻の下のニキビ跡を治す方法