肌タイプ|鼻の下のニキビを治す方法

肌タイプを知ってニキビを治そう

自分の肌タイプを知ることは、鼻の下のニキビを含め、顔のできものを治す方法につながってきます。ですので、まずは自分の肌タイプをしっかりと理解しておきましょう。

4つの肌タイプ

乾燥肌
皮脂の分泌量が最も少ない肌タイプです。乾燥してかさつきやすく、肌のきめも粗く整っていないことが多いです。また、皮脂膜が十分に形成されないため、ちょっとした刺激でかぶれや湿疹等が起こりやすくなります。
脂性肌
皮脂の分泌量が最も過剰な肌タイプです。皮膚が厚くなりやすく、表面がデコボコに見えがちで、顔全体が皮脂ですぐに光ります。毛穴が大きく開いており、皮脂やよぼれが詰まりやすく、鼻の下などにニキビが出来やすいタイプです。
混合肌
部分的にカサついたり、油っぽかったりする肌タイプです。多いのは、顔全体は乾燥しやすいけれども、額や鼻などは皮脂の分泌量が多いという乾燥型脂性肌です。
普通肌
皮脂の分泌が適度で、肌トラブルが起こりにくく、キメも細かく整っていて、理想的な肌タイプになります。

季節で左右される肌タイプ

気温の高い夏は皮脂の分泌量が増え、冬は減少するのが普通ですから、季節によって肌タイプが変化することも珍しくありません。また、年齢によって表皮の機能が低下したり、皮脂の分泌量も少なくなって乾燥しやすくなるのが一般的で、年代によっても肌タイプは異なってきます。自分の肌が今どんな状態にあるかを、チェックして、スキンケアの方法やニキビを治す方法を工夫することが大切です。
しかし、脂性肌だからといって、必ずしもニキビができるわけではありません。理想的な普通肌であっても、ニキビに悩む人は少なくありません。皮脂の分泌がニキビ発症に深く関わっているのは確かですが、実はそれだけではないのです。
その他にも、鼻の下にニキビができてしまう原因が挙げられます。
気になる方は関連記事からご参照ください!

関連記事

鼻の下のニキビ跡を治す方法