偏った食べ物でニキビを招く原因

偏った食べ物でニキビを招く原因

偏った食べ物

食べ物の中でもチョコレートやスナック菓子をつい食べ過ぎて、ニキビが出来てしまったという人は多いことでしょう。
脂肪分や当分は、皮脂の材料となります。つまり、過剰な脂肪分や糖質によって、皮脂の分泌量が増えてしまい、鼻の下などにニキビができる原因となります。
また、脂肪分や当分は、皮脂の性質を変化させて、皮脂を皮膚の排出しにくくしてしまうことも分かっています。
つまり、毛穴に皮脂が詰まる原因になるのです。
もちろん肥満の原因にもなります。
菓子類が美容にも肥満予防にも良くないことはみなさんもご存知のことでしょう。その誘惑を振り来ることは非常に難しいようです。
気分転換程度におやつとして少しつまむ程度ならいいのですが、脂肪分や糖分の多い食べ物は口当たりが良く、なかなか適当なところでやめられない魔力があります。
また、カロリーが高くて腹持ちがよいので、おやつで満腹感を得ることもできます。
その結果、きちんとした食事が疎かになったり、中には食事がわりにお菓子を食べるという極端なケースもあるようです。
栄養バランスが偏ると、皮膚の健康が保てなくなりニキビなどの出来物ができてしまいます。

食べ物でもビタミン類はニキビには重要

特にニキビの予防改善位繋がる食べ物として役割を果たしているのがビタミン類です。
ビタミンAが不足すると、古い細胞が溜まってしまう角化現象が起こりやすくなり、皮脂もつまりやすくなってしまいます。
ビタミンB郡が不足すると、皮脂分泌のコントロール機能が低下したり、皮膚の抵抗力も弱まってアクネ桿菌が増殖しやすくなります。
ビタミンCが不足すると、細胞の再生機能が低下したり、メラニンの増加が進んでシミができる原因につながります。
こうした事態を避けるため、ビタミン類はしっかり摂取しなければなりません。また、ニキビや肌のトラブルを招く要因になる便秘を解消するため、食物繊維の摂取も欠かせません。
もちろん、肌の健康と美容のためばかりでなく、内蔵の機能を高めて、体調を整え、色々な病気を防ぐためにも、バランスのよい食事は大切です。

30~40代に増えるニキビの原因

近年、30~40代の人たちも鼻の下のニキビなどに悩むようになっていますが、その原因の一つとして偏った食べ物が非常に大きく関係しているものと考えられています。脂肪分や糖分の多い欧米型の食事が一般的になり、その結果、ホルモンバランスの乱れる思春期を過ぎてもアダルトニキビで悩む人が増加傾向にあるのです。
1日30品目が目標と言われているように、色々な成分を満遍なく摂取する食生活が基本ですが、私は一人ひとりに合ったサプリメントを処方する栄養療法という、独自の治療方法を取り入れています。
基本的なスキンケアの指導やニキビ治療と合わせて、栄養療法によって体の内側から直していくことを非常に重視しているのです。
自分お栄養状態を正確にチェックして、自分に必要なサプリメントを利用してみることも、ニキビの予防の改善に大変役立つものです。

鼻の下のニキビ跡を治す方法