ストレスが原因で鼻の下にニキビが出来る

ストレスが原因で鼻の下にニキビが出来る

鼻の下のニキビ

鼻の下のニキビを含めた、肌のトラブルは、ストレスが原因であることが少なくありません。
心配事や悩み事を抱えてストレスが溜まった状態が続くと、肌が荒れたり、蕁麻疹やニキビが生じたりする人もいます。
爪の健康が損なわれたり、円形脱毛症になってしまったりすることもあります。爪や髪の毛も皮膚の細胞が変化したものですから、不安定な精神状態がそうした事態を招くこともあるわけです。
反対に、恋をしていると肌もいきいき、髪もつやつやとしてきて、本当に綺麗になってきます。幸せな気持ちが、女性ホルモンの分泌を安定させて、肌などにも良い影響が出てくるのです。
それほど、ストレスは、鼻の下のニキビを含め肌に大きな影響を与えているのです。

ストレスと肌トラブルの関係

肌のトラブルとストレスとはどのように関わりあっているのでしょうか?
ストレスと関係が深いのは自律神経系です。血圧や消化管機能などのこkんトロールを行っている自律神経系は、交感神経と副交感神経とから構成されており、ストレスを受けると交感神経の働きがます活発化します。交感神経の活発化により、アドレナリンやノンアドレナリンといったホルモンが多量に緊張状態になります。
ストレスをもたらす対象に対していかりや恐怖などの感情も生じますから、精神面でも緊張状態になります。
また、緊張状態はホルモンの分泌をつかさどる内分泌系の働きとも関連します。
糖質コルち古井戸という一種の抗ストレス作用の強いホルモンを分泌して、ショックや炎症を和らげたり、気力を高めるなど、心身をストレスに抵抗できる状態にしてくれるのです。
一時的な緊張状態に対しては、交感神経の活発化や糖質コルち古井戸の分泌で立ち向かう事ができます。
そして、イライラが解かれてリラックスできればいいのですが、慢性的にイライラが続くような状態では、交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌はむしろ心身に悪影響を及ぼし鼻の下にニキビなどができる原因となってしまいます。
交感神経の働きばかりが強化されると、自律神経失調症を招くおそれがあります。交感神経と副交感神経とがバランスよく機能することで、体が健康な状態に保たれるわけですから、そのバランスが崩れると、例えば不眠や動悸、頭痛、腹痛、倦怠感、ニキビといった症状に悩まされることになってしまうのです。
また、ストレス状態が長く続くと、糖質コルチコイドの分泌が優先されて、性ホルモンや成長ホルモンなどの抑制されることになります。

鼻の下のニキビや美容には性ホルモンが関与

肌の健康と美容には性ホルモンの関与が大きいので、その分泌が抑えられてしまうと、ニキビが出来やすくなったり、皮膚の潤いや弾力を保つ機能が低下したり、角化異常を招くことになります。
このストレスはアダルトニキビをもたらす重要な要因になっているのではないかと言われています。
職場や過程の中で抱える様々なストレスが自分でも気づかない間に積み重なって、自律神経系や内分泌の働きに悪影響を及ぼした結果、アダルトニキビや鼻の下にできものができたりする肌のトラブルを引き起こす原因となっていると考えられます。
しかし、どのような出来事がどのくらい強いストレスになるかは人によって異なりますし、鼻の下のニキビとの関係を科学的に証明することは難しいと言わざるを得ないのです。
それだけに、一人一人が自分にあった方法で、イライラ解消を図ることがとても大切な鼻の下のできものケアにつながってくると思います。

鼻の下のニキビ跡を治す方法