睡眠不足と夜更かしのニキビへの悪影響

睡眠不足と夜更かしの悪影響

睡眠不足と夜更かし

肌の健康と美容、ニキビケアなどを保つためには、充分な睡眠が不可欠です。眠っている間に、栄養が皮膚に補給され、不要となった老廃物が排出され、細胞が新しく作られるからです。
皮膚の再生や栄養補給のために、だいたい8時間前後の睡眠が必要といわれています。4時間か5時間眠れば頭の疲れは回復できるという人もいるでしょうが、肌やニキビケアなど健康と美容のためにはそれでは睡眠時間が不十分だと言えます。
仕事で忙しい時期など、やむを得ず充分な睡眠時間を確保できず夜更かししてしまう状況もありますが、そうした生活が長く続くと、皮膚の老化が促進され、鼻の下のニキビのほか、肌荒れ、くすみ、シミ、シワといったスキントラブルを招くことになってしまいます。
夜更かしも良くありません。
何故なら、夜の10時ごろから2時ごろの間に、新しい細胞が作られるからです。皮膚の深部で新しい細胞が作られ、古い細胞は新しい細胞に押し出されるようにしてはがれていくという細胞のうまり変わりが、もっとも盛んになるのがこの時間帯なのです。
したがって、オールナイトで遊んで明け方帰宅して、それから昼過ぎまで寝ると言うようんでは、たとえ睡眠時間は十分であっても、皮膚の再生は妨げられてしまうのです。
このような生活を続けていると、最終的には皮膚の老化が早く進みます。当然ニキビや鼻の下のニキビ跡の治療も遅れがちになってしまいます。

肌・鼻の下のニキビケアのためにも出来るだけ早い就寝を!

現代人が10時に就寝するのは難しい事と思いますが、夜は早めに床に就くように心がけ、8時間ぐらいの睡眠を確保する規則正しい生活を送ることは、健康で美しい肌を実現するためにも、また、鼻の下のニキビを予防改善するためにも不可欠な事なのです。
特に、就寝する時間は夜の10時を目標としましょう。これも先ほど述べたとおりです。この時間帯が一番皮膚の再生が活発に行われるからです。
実はこの時間は成長ホルモンが活発に出る時間帯でもあります。まさに睡眠のゴールデンタイムと言われています。
つまり、スキンケア・ニキビケアなどを考慮すると、この時間帯に起きていること自体大変もったいない事なのです。
ですので一度自分の生活スタイルを見つめなおしてみましょう。
もちろん、仕事の兼ね合いで、このような時間に就寝することが難しいと言われる方もいると思います。
しかし、今回の知識をもって行動すれば、今よりも少しでもニキビケアにつながるように睡眠スケジュールになるのではないでしょうか?また、単に夜更かししているような方にとっては、その行為が逆に自分の鼻の下のニキビを悪化させている原因であるということがよく分かったと思います。
そのような方たちも、これからの生活スタイルを見つめなおして下さい!

鼻の下のニキビ跡を治す方法