体質や遺伝もニキビの原因になる

体質や遺伝もニキビの原因に!

偏った食べ物

ニキビが出来る原因は様々ですが、その中の一つに体質や遺伝が原因で出来物が出来てしまうこともあります。
そもそも主の要因としては、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣、ストレス、活性酸素の害などが要因であり、それらが複合的に重なり合ってニキビはできます。それともう一つの原因として、体質も挙げられます。つまり、両親にニキビ跡が多くあれば、その子供もニキビのできやすい体質と考えられます。
しかし、今のところ、ニキビは遺伝すると科学的に証明されているわけではありません。
一卵性双生児の場合はニキビのできる部位や重症度が一致するという調査報告がある一方で、一致しないというまったく逆の結果を示す調査報告もあります。
科学的に証明されているわけではないものの、状況証拠と言える症例は少なくありません。
肌質、皮脂腺の大きさ、皮脂分泌の活動性、コメドが形成されやすい傾向など、体質や遺伝が鼻の下のニキビに何らかの関係を持っていると考えている専門家は多いといっていいでしょう。
さらに、生活習慣や食事の好み、ストレスに強い正確、弱い性格などは、家庭の中で形成されていくものですから、ニキビが出来やすい家系と出来にくい家系があると想定することも可能でしょう。

遺伝や体質が原因でも諦める必要はない

しかし、対すちゃ遺伝が大きな要因であったとしても、がっかりしたり心配する必要はありません。体質は改善できるからです。食事にの内容に気を配り、ストレスは上手に解消するように心がけ、たとえニキビが出来やす体質であったとしても防ぐことはできるのです。
反対に、洗顔方法が間違っていたり、油っぽい食事が多かったり、合わない化粧品を使っていると、たとえ出来物が出来にくい体質であったとしても発症をストップさせるのは難しいでしょう。
テレビや雑誌などで美容に関する情報は多く紹介されていますが、正しい方法を実践している人はそれほど多くないように感じます。洗顔方法も化粧品選びも間違っていたり、自分には合わないのに有名タレントが推薦していたスキンケアを行っていたり、市販の治療薬でかえって鼻の下のニキビを悪化させてしまうといったケースが少なくありません。

関連記事

鼻の下のニキビ跡を治す方法