ホルモンバランスがニキビの原因

ホルモンバランスがニキビの原因

鼻の下のニキビ

思春期を迎えた10代のほとんどの人がニキビに悩むのはホルモンバランスが原因として挙げられます。
これは、第二次性徴期を迎えて性ホルモンのバランスが大きく乱れることが原因です。
性ホルモンには、アンドロゲン(テストステロン)に代表される男性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性ホルモンがあります。
第二次性徴期を迎えると男性ホルモンの分泌が盛んになります。

男性ホルモンバランスで

男性ホルモンのバランスの働きによって、菱を分泌する皮脂腺が増大し、また皮脂の分泌量も多くなるため、皮膚はどうしても油っぽくなってきます。
盛んに分泌される皮脂が毛穴からしっかり排出され、こまめな洗顔で皮脂や汚れなどがきれいに取り除かれればいいのですが、それらが毛穴に詰まってしまうとコメドが形成されることになります。

また、角化異常にも、男性ホルモンが関与しているのではないかと考えられています。古い細胞がはがれ落ちて新しい細胞と入れ替わるという皮膚のターンオーバーは役4週間を一サイクルとして行われていますが、古い細胞がはがれにくくなって、厚くたまってしまうことを角化異常といいます。それが毛穴をふさいでしまうことも、コメド形成の要因になっています。
さらに、アクネ桿菌は誰の皮膚にも存在する常在菌で、皮脂の多い場所を好む性質があります。通常、アクネ桿菌は無害ですが、思春期の油っぽい肌では特に増殖しやすく、そのせいでコメドができた部分に炎症が起きてしまうことになります。
このように、男性ホルモンの分泌が盛んになることが、男性ホルモンの分泌が差簡易なることがにきびの発症に大変大きく関わっているのです。
そのため、ニキビが重症化してしまうケースは、実は重症化してしまうケースは、実は女性よりも男性に多いという報告があります。

女性もホルモンバランスが影響して

女性の場合は、月経の前後も性ホルモンの分泌のバランスが大きく変化しますから、注意が必要です。というのは、黄体ホルモンは男性ホルモンと似たような働きをするからです。排卵後に黄体ホルモンが多く分泌されると、体温が上昇したり(そのために基礎体温が上がります。)皮脂の分泌量が増えます。ですから、排卵が起こって基礎体温が上昇する時期は、ニキビができやすい時期なのです。
なお、ニキビは皮脂腺が発達して皮脂の分泌量が増えるためにできてくるものですから、皮脂腺が発達していない子供にはニキビはできません。
しかし、新生児座そうといって、生後3ヶ月ぐらいまでにニキビを発症することがあります。圧倒的に男児に多いという特徴があり、やはり男性ホルモンや黄体ホルモンのバランスが関わっているのではないかとされています。

鼻の下のニキビ跡を治す方法