鼻の下のニキビ跡の原因と色素沈着

鼻の下のニキビ跡の原因と色素沈着

活性酸素

鼻の下のにきびに悩む方は大変多く、それと同じくらいニキビ跡を治したいと希望している方も多いものです。
ニキビ跡はアクネスカーとも呼ばれます。
最近の増殖によって炎症が起きてしまった赤ニキビ以降の段階で形成されることがほとんどです。
特に膿疱や膿腫にまで進行して、これを気にして潰してしまうと、ケロイドやクレーターのようなニキビ跡が皮膚に残りやすくなります。
鼻の下のニキビ跡は治りにくく、場合によっては一生残ってしまうことも少なくありません。
なぜなら、原因が炎症を起こした部分の皮膚組織が破壊されてしまうからです。
細菌の増殖が始まると、細菌の害から身を守るために好中球という細胞が活発に働き出します。
好中球は白血球の一種で、強力な殺菌作用のあるヒドロキシラジカルという物質を作り出し、細菌を退治してくれるわけです。
赤く腫れる原因は炎症が起こるって、ヒドロキシラジカルと細菌の戦闘がまさに展開されている証拠なのです。
そして、膿は退治された細菌の死骸なのです。

鼻の下のニキビ跡が残る原因

ヒドロキシラジカルはそれほどに強力なのですが、皮膚の表面の広範囲および深部にまで激しい炎症が及ぶと、炎症を起こした組織が破壊されてしまうこともあるのです。
そして、鼻の下のニキビの炎症が収まったあとに組織が収縮すると、沈没してクレーターのような跡ができ、組織が厚く肥大するとケロイドのように盛り上がってしまうのが原因です。
このように皮膚の内部の組織が大きなダメージを受けてしまっているため、ニキビ跡は治りにくいのです。

鼻の下のニキビ跡にできる色素沈着

ニキビのあとにできる色素沈着もニキビの後遺症と言える原因です。
色素沈着とはシミのことです。色素沈着はニキビばかりでなく、炎症を起こしたぶb軍医できやすく、これを炎症後色素沈着といいます。
ですから、傷ができた跡や化粧品や薬品によってかぶれが生じた跡などにも、シミが残ってしまうことがあるのです。
このようなことからも、ニキビは皮膚の病変であり、でこぼこした鼻の下のニキビ跡やシミの発生を防ぐためにきちんと治療することが必要になってくることがわかるとおもいます。

関連記事

鼻の下のニキビ跡を治す方法